酵素は増やして摂取!ダイエットに使う手作り食品3選

果物を発酵させた酵素ドリンク

酵素を摂取してダイエットを目指す方法が知られるようになりました。この際に重要なのは酵素をできるだけ増やして摂取することです。どのような食品にも生であれば酵素は含まれていますが、その量は決して多くはありません。自分で増やせば理想的な食品が作れるでしょう。単純で簡単なものとして果物を砂糖と混ぜて発酵させて作るドリンクがあります。手軽に手作りできる酵素ドリンクでまずは酵素ダイエットを始めてみるのは賢明な考え方です。

ケフィアで摂取する豊富な酵素

自分で発酵させて食べられる食品としてケフィアにも注目してみましょう。乳酸菌と酵母により一日程度牛乳を発酵させて作るのがケフィアであり、次々に植え継ぎをすれば牛乳を準備するだけで延々と食べ続けることができます。発酵を控えめにすればドリンクとして、発酵をしっかりと行えばヨーグルトのようにして食べられるのが特徴です。複数の微生物由来の酵素が摂取できることに加えて、乳酸菌による便秘対策もできることから酵素ダイエットに向いている手作り食品と言えるでしょう。

慣れると簡単な納豆も有用

酵素ダイエットに用いる食品として納豆も手作りができます。市販のものの方が簡単と感じてしまう人もいますが、安い大豆を大量に仕入れて市販の納豆を活用して納豆菌を手に入れれば誰でも簡単に大量生産できるのが納豆の特徴です。ダイエット中に不足しやすいタンパク質も補給できることに加えて、血行を良くするナットウキナーゼという酵素も含まれていることから健康維持にも適しています。好き嫌いはありますが、納豆が好きな人なら自分で増やすのを楽しみにしながら酵素も摂取できるでしょう。

酵素ダイエットの効果が実感できるまでの期間は、人それぞれの体質に左右されるため、地道に健康改善を目指すことが有効です。